体重超過で王座剥奪の比嘉、当日計量はクリア

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(15日・横浜アリーナ)の前日計量で体重超過し、王座を剥奪はくだつされた比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が15日午前、都内で計量に臨み、54・7キロで、設定された55・3キロをパスした。

 試合は行われる予定。

 この試合で比嘉が勝つか引き分ければ王座は空位のまま。負ければ、挑戦者のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)が新王者になる。比嘉は「ボクシングファンの皆様に謝りたい」と謝罪した。