「これからもチャレンジ」ミドル級初防衛の村田

  • 初防衛から一夜明け、笑顔で撮影に応じる村田(都内で)
    初防衛から一夜明け、笑顔で撮影に応じる村田(都内で)

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座の初防衛に成功した村田諒太(帝拳)が試合から一夜明けた16日、都内で記者会見し、「ホッとしているが、疲れたなという気持ちが大きい。これからもチャレンジしたい」と心境を口にした。

 15日の試合は挑戦者のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)に8回TKO勝ち。得意のストレートではなく右フックでダウンを奪い、「(パンチの)軌道を試合の中で修正できた」と語った。次戦は9月以降になる模様で「家族サービスというハードな仕事が待っている」と笑いを誘った。