日大タックル、アメフト協会会長「重大な事案」

 アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦で、日大の選手が無防備な関学大選手に背後から激しくタックルし、負傷させた問題で、日本アメリカンフットボール協会の国吉誠会長が15日、スポーツ庁を訪れて状況を報告した。

 同庁の担当職員と面会後、「重大な事案と受け止めている。究明、並びに再発防止の観点から報告した」と話した。

 関東学連はラフプレーをはたらいた選手を暫定的に対外試合出場禁止とし、日大の指導者を厳重注意としている。関学大は日大にプレーの見解と謝罪などを求める文書を送付している。