栄氏が謝罪、「伊調選手、コーチに深くおわび」

  • パワハラ問題について謝罪する日本レスリング協会の栄和人常務理事(中央)(14日午前9時22分、東京都世田谷区で)=上甲鉄撮影
    パワハラ問題について謝罪する日本レスリング協会の栄和人常務理事(中央)(14日午前9時22分、東京都世田谷区で)=上甲鉄撮影

 レスリング女子の伊調馨選手(34)(ALSOK)らに対するパワーハラスメント問題で、日本レスリング協会の強化本部長を辞任した栄和人常務理事(57)が14日、全日本選抜選手権の会場である東京都の駒沢体育館で辞任後初めて記者会見を開き、「伊調選手、田南部(力)コーチに深くおわびしたい」などと謝罪した。

 この問題に関して、協会が設置した第三者委員会は、2010年のアジア大会で基準を満たした伊調選手を選考から排斥したことなどをパワハラと認定。問題に至った経緯について栄氏は「コミュニケーション不足が生んだことと深く反省している」と説明した。

  • パワハラ問題について、コメントを発表する日本レスリング協会の栄和人常務理事(14日午前9時23分、東京都世田谷区で)=上甲鉄撮影
    パワハラ問題について、コメントを発表する日本レスリング協会の栄和人常務理事(14日午前9時23分、東京都世田谷区で)=上甲鉄撮影
(ここまで269文字 / 残り80文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ