タイガー・ウッズ「痛みから解放」腰の手術成功

 【ニューヨーク=宮崎薫】男子ゴルフのタイガー・ウッズ(米)が、腰の手術を受けて成功したと20日、自身の公式サイトで発表した。

 全治は約6か月で、ウッズは「これで長い間戦ってきた痛みから解放され、試合にも臨めると楽しみにしている」とコメントし、復帰に意欲を示した。

 ウッズは2014年3月と15年9月にも腰の手術を受けている。今年1月には1年5か月ぶりの米ツアー復帰を果たしたものの、予選落ち。その後、再び状態が悪化したため休養に入っていた。