巨人が延長戦制す…中日も延長サヨナラ勝ち

  • 10回2死満塁、勝ち越しの2点適時打を放つマギー(捕手・戸柱)=大石健登撮影
    10回2死満塁、勝ち越しの2点適時打を放つマギー(捕手・戸柱)=大石健登撮影

 巨人5-3DeNA(セ・リーグ=19日)――巨人が延長戦を制した。

 マギーが九回に同点犠飛を放ち、十回には決勝の2点適時打。DeNAは七回に1点をリードしたが、救援陣が踏ん張れず、逆転負け。

      ◇

 ヤクルト4-2阪神(セ・リーグ=19日)――ヤクルトが3連勝。一回に大引の2点二塁打で先行し、着実に加点して逃げきった。原樹が6回1失点で今季初勝利。阪神は一発攻勢も及ばず約1か月ぶりの連敗。

      ◇

 中日5-3広島(セ・リーグ=19日)――中日がサヨナラ勝ちで、広島に今季初勝利。延長十回、ビシエドの2ランで決着をつけた。広島は2度も追いつく粘りを見せたが、もう一押しが足りなかった。