巨人の高橋監督、続投見通し…球団オーナー言及

 巨人の老川祥一オーナーは13日、オーナー会議後に報道陣の取材に応じ、高橋監督との来季契約について「すでに決まっている話。何か変更があるとか、そういうことは全くない」と話し、3年契約の3年目となる来季も高橋監督が指揮を執るとの見通しを明らかにした。

 巨人は今季、5月下旬から6月上旬にかけて球団ワーストの13連敗を喫して一時は5位に転落したが、7、8月はいずれも五つずつ勝ち越しを作るなどして、11年連続のクライマックスシリーズ進出を争う位置にまで浮上した。老川オーナーは「非常に苦しい状況も耐え抜いて、ここまで持ってきているということは高く評価するべきだ」と話した。