聖光学院が開幕戦制す、東筑は選抜初勝利ならず

  • 9回聖光学院1死2、3塁、横堀のスクイズが内野安打となり、守備が乱れる間に2者が生還する(捕手・北村)(23日)=里見研撮影
    9回聖光学院1死2、3塁、横堀のスクイズが内野安打となり、守備が乱れる間に2者が生還する(捕手・北村)(23日)=里見研撮影

 聖光学院5―3東筑(1回戦=23日)――東筑(福岡)は同点の三回、内野ゴロ併殺打の間に1点を勝ち越し。

 聖光学院(福島)は五回、須田の犠飛で追いつくと、九回は横堀のスクイズ(記録は安打)と敵失で2点を勝ち越した。東筑はその裏、林の二塁打などで好機を作ったが、及ばず。出場3回目での選抜初勝利はならなかった。

  • 1回聖光学院2死1、3塁、須田が先制打を放つ(投手・石田)(23日)=里見研撮影
    1回聖光学院2死1、3塁、須田が先制打を放つ(投手・石田)(23日)=里見研撮影