明秀日立が甲子園初勝利…瀬戸内に逆転勝ち

  • 4回瀬戸内2死2塁、新保が適時2塁打を放つ(23日)=松本拓也撮影
    4回瀬戸内2死2塁、新保が適時2塁打を放つ(23日)=松本拓也撮影

 明秀日立4―3瀬戸内(1回戦=23日)――初出場の明秀日立(茨城)が逆転勝ちで甲子園初勝利。

 1点を追う九回、連打で好機を作り、増田が同点の適時打を放つと、池田の犠飛で勝ち越した。先発の細川は3失点で完投。瀬戸内(広島)は四回に新保の適時二塁打でリードを広げ、試合を優位に進めたが、先発の浴本が土壇場につかまった。

  • 9回明秀日立1死2、3塁、池田が勝ち越しの犠飛を放つ(捕手・東大翔)(23日)=里見研撮影
    9回明秀日立1死2、3塁、池田が勝ち越しの犠飛を放つ(捕手・東大翔)(23日)=里見研撮影