乙訓が7―2、おかやま山陽下し甲子園初勝利

 乙訓7―2おかやま山陽(2回戦=28日)--乙訓おとくに(京都)は同点の六回、薪谷の適時三塁打で勝ち越し。

 伊佐、浅堀の適時打でリードを広げた。五回から救援した川畑が無失点の好投を見せ、春夏を通じて甲子園初勝利を挙げた。おかやま山陽(岡山)は一回、井元の2ランで先制したが、4失策と守備が乱れた。