東海大相模が8強、星稜と三重は3回戦へ

 選抜高校野球第7日(29日・甲子園)――2回戦の残り2試合と3回戦1試合が行われた。

 星稜(石川)は、11安打11得点で春夏通じて初出場の富島(宮崎)を下して23年ぶりに初戦を突破。三重(三重)は打線がつながり、日大三(東京)に快勝し、3回戦に進んだ。東海大相模(神奈川)は3投手が静岡(静岡)を1失点に抑え、優勝した2011年以来の8強入りを果たした。