三重が接戦制し8強、乙訓は再三の好機生かせず

  • 1回三重2死2塁、大川が先制の適時打を放つ(投手・富山、捕手・薪谷)=里見研撮影
    1回三重2死2塁、大川が先制の適時打を放つ(投手・富山、捕手・薪谷)=里見研撮影

 三重2―1乙訓(3回戦=31日)――三重(三重)は一回、大川の適時打で1点を先制。

 追いつかれた直後の三回は浦口のソロ本塁打で勝ち越し、先発の福田が中盤以降、反撃を許さなかった。

 乙訓おとくに(京都)は再三、好機を作りながら、三回に挙げた1点にとどまり、ベスト8進出はならなかった。