連覇狙う大阪桐蔭が4強入り、19得点で大勝

  • 1回大阪桐蔭1死2塁、中川が先制の適時2塁打を放つ(捕手・佐藤)(1日)=吉野拓也撮影
    1回大阪桐蔭1死2塁、中川が先制の適時2塁打を放つ(捕手・佐藤)(1日)=吉野拓也撮影

 大阪桐蔭19―0花巻東(準々決勝=1日)――大阪桐蔭(大阪)は一回、中川の適時二塁打と根尾、山田の連続適時打、石川のスクイズで計4点を先行した。

 大阪桐蔭は二回にも根尾の2打席連続となる適時打などで5点を加え、リードを広げた。

 大阪桐蔭は四、五回、追加点を奪った。

 大阪桐蔭は終盤にも加点し、準決勝進出を決めた。