三重が九回に5点、乱戦制す…星稜の粘り及ばず

  • 2回三重1死2塁、梶田が2ランを放つ(投手・竹谷、捕手・山瀬)(1日)=吉野拓也撮影
    2回三重1死2塁、梶田が2ランを放つ(投手・竹谷、捕手・山瀬)(1日)=吉野拓也撮影

 三重14―9星稜(準々決勝=1日)――三重は二回、小川、山本の連続短長打で1点を先制すると、梶田の2ランで加点した。

 その裏、星稜(石川)は東海林の適時二塁打で2点を返した。

 三重は三回、打者9人の猛攻で4点を奪って突き放したが、星稜はその裏、山瀬、奥川の連続適時打で追い上げた。

 星稜は六回、南保の適時打で2点差に迫った。

 星稜は八回、奥川の2点打などで追いついた。

 三重は九回、まがりの適時打などで5点を勝ち越し、準決勝進出を決めた。