稀勢と高安、無傷で勝ち越し…日馬富士は6勝

  • 松鳳山(左)を小手ひねりで下した稀勢の里(19日)=三輪洋子撮影
    松鳳山(左)を小手ひねりで下した稀勢の里(19日)=三輪洋子撮影

 大相撲春場所8日目(19日・大阪府立体育会館)――稀勢の里と高安が無傷で勝ち越した。

 稀勢の里は松鳳山にもろ差しを許して攻め込まれたが、小手ひねりで逆転勝ち。日馬富士は左上手を引いて貴ノ岩を退け、鶴竜も正代に完勝し、ともに6勝。照ノ富士は速攻で御嶽海を押し出し、カド番脱出まであと1勝。

2017年03月19日 19時46分 Copyright © The Yomiuri Shimbun