元関脇朝赤龍、日本に帰化…年寄名跡取得のため

 大相撲のモンゴル出身の元関脇で、現在幕下の朝赤龍(35)(本名バダルチ・ダシニャム、高砂部屋)が日本国籍取得を認められた。

 法務省が21日付の官報に告示した。朝赤龍は兄弟子の元横綱朝青龍とともに来日。三賞を4度獲得するなど活躍したが、今年初場所からは幕下に転落していた。引退後に親方になることを希望しており、年寄名跡取得のため帰化申請をしていた。

 モンゴル出身力士では、現大島親方の元関脇旭天鵬らが既に帰化している。