日馬富士の暴行、貴ノ岩側が鳥取県警に被害届

 大相撲の横綱日馬富士(33)(伊勢ヶ浜部屋)が、10月の秋巡業開催中の鳥取市内で同じモンゴル出身の幕内貴ノ岩(27)(貴乃花部屋)に対して暴行を加えていたことが14日、明らかになり、日本相撲協会は同日、協会内の危機管理委員会(委員長・高野利雄外部理事=元名古屋高検検事長)を招集し、調査に乗り出すことを決めた。

 また、相撲協会は貴ノ岩の師匠の貴乃花親方(元横綱)が鳥取県警に被害届を提出したことを明らかにした。

 関係者によると、日馬富士は10月下旬、白鵬、鶴竜の両横綱も参加したモンゴル出身力士同士の酒席で貴ノ岩に暴力を振るった疑いが持たれている。その際、日馬富士はビール瓶で殴ったとの証言もあり、貴ノ岩は「脳しんとう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折・髄液漏の疑いで、全治2週間程度と考えられる」との診断書を提出して九州場所初日から休場した。日馬富士は14日朝、暴行の事実を認め、「大変迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます」と謝罪。左肘などの負傷を理由に九州場所3日目の14日から休場した。

(ここまで453文字 / 残り292文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ