式守伊之助、夏場所後辞職へ…無報酬で自宅謹慎

  • 記者会見の冒頭に頭を下げる(左から)鏡山危機管理部長、八角理事長、尾車事業部長(13日)=松田賢一撮影
    記者会見の冒頭に頭を下げる(左から)鏡山危機管理部長、八角理事長、尾車事業部長(13日)=松田賢一撮影

 日本相撲協会は13日、両国国技館で臨時理事会を開き、泥酔して若手行司へセクハラ行為を働いた立行司の第40代・式守伊之助(58)(宮城野部屋)を、3場所出場停止の懲戒処分とするとともに、前日提出された辞職願を処分が明ける5月の夏場所後に受理することを決めた。

 この間、無報酬で自宅謹慎を命じ、土俵外での業務も行えない。伊之助は今後、土俵には上がらず協会を去る。

 発表によると、伊之助は沖縄県宜野湾市で冬巡業が開催された昨年12月16日夜、泥酔し、10代の若手行司に複数回キスをするなどの不適切な行為を行った。若手行司に被害届を出す考えはなく、今後も行司を務める意向だという。

 協会によると、差し違えなどで出場停止を命じられたケースを除くと、最高位の立行司が不祥事で理事会に処分された例はない。

(ここまで346文字 / 残り246文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ