元幕内北太樹が引退、年寄「小野川」襲名が承認

 元幕内北太樹(35)(本名讃岐明義、東京都出身、山響部屋)が日本相撲協会に引退届を提出し、13日の理事会で年寄「小野川」の襲名が承認された。

 1998年春場所初土俵で、幕内在位38場所。最高位は東前頭2枚目。昨年秋場所から幕下に転落していた。

 これに伴い、小野川親方(元幕内大道)は「音羽山」に名跡を変更。貴乃花部屋付きだった音羽山親方(元幕内光法)は13日付で相撲協会を退職した。