「時差ボケあるが大丈夫」…国際大会へ本田真凜

  • シニアデビューを前に練習する本田真凜(13日)=冨田大介撮影
    シニアデビューを前に練習する本田真凜(13日)=冨田大介撮影

 【ソルトレークシティー(米ユタ州)=永井順子】フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックは13日、米ソルトレークシティーで前日練習などが行われ、日本勢は男子の無良崇人むらたかひと(洋菓子のヒロタ)らが会場リンクで氷の感触を確かめた。

 「オペラ座の怪人」の曲に合わせてフリーを練習した無良は、「氷が軟らかいので、試合までに修正したい」と意気込んだ。

 シニア初の国際大会に臨む女子の本田真凜(大阪・関大高)も練習リンクで調整し、「時差ボケはあるけれど、試合になれば大丈夫」と語った。