日本代表、延長で敗れ2勝2敗に…日米大学野球

 第41回日米大学野球選手権が16日、米マサチューセッツ州ウースターで行われ、日本代表が延長十回タイブレイクの末に米国代表に1―3で敗れて、対戦成績は2勝2敗のタイとなった。

 17日に最終戦が行われる。

 日本は1―1で迎えた十回、3番手・斉藤(明大)の失策で2失点し、その裏の攻撃で得点できなかった。