タンチョウのひなが誕生…釧路市丹頂鶴自然公園

北海道釧路市の市丹頂鶴自然公園で、国の特別天然記念物タンチョウのつがいにひなが誕生した。親鳥の後をよちよちと歩き、餌の小魚をもらったり、背中におんぶされて温まったりする姿が、来園者を楽しませている。市動物園によると、ひなは同公園の雄ドウサンと雌エムコの間に生まれた。3月29日に産卵、5月1日に孵化(ふか)したとみられ、同3日にひなの姿が確認された。順調に育っており、現在の体長は約20センチ。3か月後には親と同じ約1・5メートルに成長するという=北海道支社報道課 鷹見安浩撮影 2018年5月14日公開

再生回数 

特集

2018年05月14日 10時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun