時代の証言者 iモード編集者  松永真理さん(1)

読売新聞の好評企画「時代の証言者」で連載が始まった「iモード編集者」の松永真理さんが、仕事について語ります。AI(人工知能)が職を奪うのでは、という心配をよく耳にします。松永さんは、そんな時代だからこそ、「好きを仕事にすること」が大事だと言います。その理由をYOMIURI ONLINEのために語ってくれました。この連載記事は本紙気流面のほか、読売プレミアムでお読みになれます=東京本社 企画委員・知野恵子(聞き手)、編集委員・鈴木竜三(撮影、編集)

再生回数 

2017年02月09日 04時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun