赤ちゃんパンダは女の子、体重増え健康状態良好

上野動物園は23日、ジャイアントパンダの赤ちゃんはメスと発表した。同園によると、22日の身体検査で、生殖器の形を確認できた。同日の計測では、17日の計測時より体重が105グラム増えて283・9グラムに、体長も1・2センチ伸びて17・6センチになり、健康状態は良好。母親の「シンシン」もしっかり子育てをしていて、赤ちゃんを腕に抱えながらササの葉を食べる姿が見られたという。赤ちゃんは12日に生まれ、順調に育つかどうかの最初の目安とされる1週間を無事迎えた。24時間態勢での観察は引き続き行う=(公財)東京動物園協会提供 2017年6月23日公開

再生回数 

2017年06月23日 13時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun