新燃岳、噴煙量さらに増加…降灰など注意

気象庁によると、11日朝に6年ぶりに噴火した新燃岳は12日も噴火を続けていて、噴煙は午前9時の観測では火口の上空1700メートルまで上がったという。同庁は火口から2キロの範囲では大きな噴石に警戒が必要としている。新燃岳の上空は宮崎県の小林方面に風が吹いており、風下では小さな噴石や降灰にも注意が必要だ=(C)NNN 2017年10月12日公開

再生回数 

2017年10月12日 17時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun