パンダの「シャンシャン(香香)」 生後130日

上野動物園(東京都台東区)で生まれたジャイアントパンダの「シャンシャン(香香)」(メス)が生後130日を迎え、同園は21日、新たな画像を公開した。目がしっかりと見えるようになり、飼育員がカメラを向けると興味深そうに顔を寄せるしぐさなどが収められている。同園が20日に実施した身体測定では、体重は8・6キロ、体長は74・2センチ。産室内などを自由に歩き回り、母親「シンシン」の胸の上でじゃれるようになったという。同園の担当者は「親子の絆がより強くなったようだ」と話している=東京動物園協会提供 2017年10月23日公開

再生回数 

2017年10月23日 10時22分 Copyright © The Yomiuri Shimbun