いまどき 留学事情

  • 読売中高生新聞4月20日号・1面
    読売中高生新聞4月20日号・1面

 ニッポンの10代を全力で応援する「読売中高生新聞」。4月20日号のラインアップは……。

 「内向き志向」と呼ばれる今の日本の若者たち。1990年代半ばには、アメリカの大学・大学院で学ぶ日本人留学生の数は国別でトップだったが、2016年度には全体のわずか1.8%にあたる1万8780人。国別では8位に転落しています。

 最先端の学問や技術を学び、異文化にもまれる中でたくましさも身につけられる留学。一見すると良いことずくめなのですが、なぜ今、海外をめざす若者が減っているのでしょうか。

 今週は、日本の最新の留学事情をリポートします。

★ アメリカがシリア攻撃

★ 中高英語力 目標届かず

ディズニーランド開園35周年特集!

 「ウラ撮り」は、開園35周年を迎えた東京ディズニーランドを大特集! 新パレード「ドリーミング・アップ!」の魅力を、演出担当者の思いを交えてお伝えします。かわいいグッズやフードも、中高生新聞初代アンバサダーの村山優香さんと一緒に紹介!

 グラビア面「PERSON」は、中高生新聞のCMやポスターでも活躍してくれた紺野彩夏さんと、雑誌「ニコラ」のモデルを務めた大谷凜香さんの2人が登場。公開中の映画「ミスミソウ」で共演し、同い年で共通点も多い2人の仲良しグラビア&インタビューをお届けします。

★ ジャニーズJr.の小箱 宮舘涼太さん (3)

――ドッキリ動画 やりたい!

★ コラム「番外地」 乃木坂46 向井葉月 乃木坂46を語る

――ファンの時より何百倍も好き

学習・文化

★ ティーンのぶっちゃけ!英会話

 英会話イーオンの監修でアメリカのティーンが話すリアルな英語を学ぶ「ティーンのぶっちゃけ!英会話」。

 「えらく時間がかかったね」 英語で言うと?