スマホ世代の心つかめ 「宣伝会議賞」中高生部門 9月1日募集開始

 広告業界をめざす中高生を対象にした広告コピーコンテスト「宣伝会議賞」中高生部門の作品募集がいよいよ9月1日からスタートする。読売中高生新聞は昨年に続き、コンテストに協賛、新聞の魅力を伝えるコピーを募集する。お題は、「スマホ世代に、新聞の魅力をガツンと伝えてください」――。同世代の心をつかむ珠玉の言葉、待ってます!!

若手広告クリエイターの登竜門

 宣伝会議賞は、50年以上の歴史を持つ日本最大級の広告コンテストで、若手広告クリエイターの登竜門としても知られている。様々な業界の企業が出す商品PRの“お題”に対し、消費者の心をつかむコピーを考える、まさに「知と発想のバトル」だ。

 中高生を対象にした「中高生部門」は10代に広告作りの面白さや魅力を感じてもらおうと、昨年、初めて開催され、読売中高生新聞など3社が出した課題に対し、全国から計1287点の作品が寄せられた。

 2回目の開催となる今回は、読売中高生新聞やアサヒ飲料、大手予備校「河合塾」など計9社がコピーを募集。企業の担当者の心をつかんだ作品は実際にCMなどで活用される可能性もある。

 応募期間は9月1日から11月6日まで。

「その言葉にドキドキするか」 審査員長アドバイス

 人の心をつかむ「コピー」ってどう作ればいいの? 昨年に続き審査員長を務めるコピーライターの渡辺潤平さんに聞いた。

 みなさんにとって、コピー作りはきっと未知の体験ですよね。

 まず知ってほしいのは、「コピーに正解はない」ということ。大切なのは「その言葉の正しさ」ではなく、「その言葉にドキドキできるか」です。自分がドキドキしないもの

は、まわりが読んでもつまらない。自分の心の声を基準に言葉を考えてほしいと思っています。

 具体的なアプローチで一つアドバイスを送るとすると、商品と自分との関係性を考えることから始めてみるといいでしょう。

 自分にとって、この商品はどんな存在なのか。その商品と縁遠ければ、その商品を使っている人にとってどうなのか。または、自分なら何を言われたら、その商品を使いたいと思うのか。じっくり考えてほしいと思います。

 今回のラインアップで言えば、例えば、レオパレス21のお題。中高生で一人暮らししている人ってほとんどいないですよね。まず、自分が何年後かに一人暮らしを始めるときのことを想像してみればいい。その時、どんな光景が目の前に広がり、自分はどんな気持ちでいるでしょうか? 

 みなさんにはコンテストを通じて、「物を思いつく楽しさ」をぜひ、味わってほしいですね。確かに考えに考え抜くことは大変な作業です。でも、自分で「これだっ!!」と納得できる言葉と出会えた瞬間、その苦労は一瞬にして吹き飛ぶはずです。

プロフィル

渡辺潤平/わたなべ・じゅんぺい

 コピーライター、クリエイティブディレクター。大手広告会社などを経て渡辺潤平社を設立。代表的な仕事に三菱地所グループ「三菱地所を、見に行こう。」など。1977年1月12日生まれ。千葉県出身。

読売中高生新聞のお題 どう攻略

 「スマホ世代に、新聞の魅力をガツンと伝えてください。」という読売中高生新聞のお題をどう“攻略”するか? 渡辺さんにワンポイントアドバイスをもらった。

 最近は、新聞が「自分とは関係ないもの」という中高生は少なくないかもしれませんね。やはりここでも、自分との関係性から考えていきましょう。

 読んでいない人であれば、新聞は「憧れ」なのか、「親や大人のもの」なのか、「小難しくて、なんだか面倒くさそうなもの」なのか。まず、そこを見定めた上で、自分が新聞を読みたくなるメッセージって何だろうと考えていけばいいと思います。

 新聞を読んでいる人なら、なぜ自分は新聞を読んでいるのか、または、自分のまわりの新聞を読んでいない友達がどうしたら新聞を読みたくなるか、考えていくといいでしょう。

 あと自分が言われてイヤなことは書かない(笑)。説教臭いとか、押しつけがましいことって、誰でも言われたくないだろうし、そういう言葉には心動かされないですよね。

 そのほかの各社の課題は以下の通り

アサヒ飲料
 キミが友達にSNSを使って三ツ矢サイダーを飲みたくさせるとしたら、どうやる??

インテージ
 キューモニターを知らなかった人でも、やってみたくなるコピー

河合塾
 忙しくても、河合塾なら通いたくなる、魅力あふれるコピーを考えてください!

菅公学生服
 カンコーの洗える制服をすすめたくなるコピーを考えてください。

マテル・インターナショナル
 UNO(ウノ)が毎日したくなるようなコピーや表現方法を考えてください

吉野家ホールディングス
 吉野家に行きたくなるとき!~吉野家の魅力について表現してください~

留学ジャーナル
 留学を考えたことがない友達が、留学をしたくなるコピーを考えてください

レオパレス21
 「学生のひとり暮らしといえば、レオパレス」を想起させるコピーを考えてください!

宣伝会議賞 募集要項

応募条件:中学生・高校生

受付期間:9月1日~11月6日

贈賞:グランプリ(1点)、準グランプリ(1点)、ゴールド(1点)、シルバー(1点)、ブロンズ(1点)、協賛企業賞(各課題1点)

応募方法:9月1日より宣伝会議賞公式HPより応募登録スタート

中高生向け特別講座開催

 中高生部門の募集開始にあたり、宣伝会議賞を主催する「宣伝会議」は8月30、31日、東京ミッドタウン(東京都港区赤坂)で、中高生限定の特別講座を開催する。講座では、中高生部門審査員がコピーの書き方を伝授するほか、中高生部門に参加する各企業が、出題の狙いについて説明する。

 さらに30日には、「AKB48チーム8の社会派宣言!!」で2代目社会派選抜のセンターに選ばれた歌田初夏さんらチーム8のメンバー3人がミッドタウンに登場。中高生部門の審査員、阿部広太郎さんの指導で読売中高生新聞のお題に挑戦する公開授業も行われる。メンバーらは特別講座でも、参加者に激励メッセージを届けてくれる予定だ。

 特別講座への申し込みや公開授業の予定など詳しくは、https://copy.sendenkaigi.com/60th/event.htmlまで。