現代アートで世界を感じる

ヨコハマトリエンナーレ2017

 3年に1行われる現代げんだいアートの国際展こくさいてん「ヨコハマトリエンナーレ2017」が、横浜市よこはまし西区の横浜美術館びじゅつかんなど同市内の3施設を主会場に11月5日まで開催かいさいされています。やく40組の作家が出展しゅってんしている会場で、現代アートの魅力みりょくれてきました。

  • 竹を使ったジョコ・アヴィアントの「善と悪の境界はひどく縮れている」(2017)
    竹を使ったジョコ・アヴィアントの「善と悪の境界はひどく縮れている」(2017)

 今回は、作家数をらし、かく作家の個展こてんの集合体のような形で展示てんじが行われています。見る人が、それぞれの作者の創作そうさく世界に深く入りめるように、との工夫くふうです。タイトルは、「島と星座せいざとガラパゴス」。人々がネットなどでゆるやかにつながる一方、英国えいこく欧州連合おうしゅうれんごう(EU)離脱りだつをはじめ、分断ぶんだんし、様々さまざま価値観かちかん複雑ふくざつからみ合う世界の状況じょうきょうについて考えてもらおうと、「孤立こりつ」と「接続せつぞく」をテーマにつけられたそうです。

 横浜美術館学芸員がくげいいん日比野民蓉ひびのみよんさん(30)に、横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫そうこ1号館、市開港記念きねん会館地下の順で案内あんないしてもらいました。

 まず目を引くのは、美術館正面入り口の柱です。表面をおおうように、上から下までびっしりと救命胴衣きゅうめいどういが付けられている、中国出身のアイ・ウェイウェイ(艾未未)さんの作品です。一見カラフルで美しいのですが、救命胴衣は難民なんみんが海をわたる時に実際じっさいに使っていたものだそうです。現代アートを通して、世界がかかえる問題に意識いしきを向けてほしい、と入り口に設置せっちされたそうで、深刻化しんこくかする難民問題をきつけられたような気がしました。「美しい、楽しいだけでなく、いたましい問題に人の目を向けさせるのも美術の一つの役割やくわり」と日比野さん。美術によって感覚かんかくうったえ、おどろきや感動を通じて、問題を意識してもらうことが大切だと話していました。

  • ロンドン同時爆破テロの防犯カメラ映像を下敷きにした積み木の作品(ブルームバーグ&チャナリン「痕跡証拠」)
    ロンドン同時爆破テロの防犯カメラ映像を下敷きにした積み木の作品(ブルームバーグ&チャナリン「痕跡証拠」)

 美術館に入ってすぐのところには、インドネシアのジョコ・アヴィアントさんの竹でできたダイナミックな作品が。日本のしめなわをイメージしており、人間の世界から美術の世界への境界きょうかいとしてかれたそうです。下を通りけることもでき、くぐると美術の魅力に引き込まれるような気がしました。

 美術館では、アニメやゲームなどのキャラクターをモチーフにした作品もありました。来館者が自由に大小様々な大きさのみ木を積み上げられる作品は、ロンドン在住ざいじゅうの2人組によるもの。積み木の色は、2005年にロンドンで起きた同時爆破ばくはテロの犯人はんにんうつした監視かんしカメラの映像えいぞうから取り出した色だと聞きました。カラフルな色にそんな背景はいけいがあると知って、背筋せすじがぞくっとしました。

体験型作品多く

 赤レンガ倉庫には、体験型たいけんがたの作品が多く展示されていました。ドイツのクリスチャン・ヤンコフスキーさんの作品には、プロのマッサージ公共彫刻こうきょうちょうこくをもみほぐす映像を実際にマッサージチェアにすわって見るものがありました。彫刻相手に真剣しんけんにマッサージする姿すがたに思わずわらってしまいましたが、日比野さんは「この作品をに公共彫刻にもう一度注目してみてほしい」と話していました。区画整理のためにこわされてしまう祖母そぼの家を細部にわたって油絵で再現さいげんした中国の作家ドン・ユアン(董媛)さんの作品は、個人こじん歴史れきしを壊す社会の暴力性ぼうりょくせいを訴えていました。

 市開港記念会館地下には、かくをテーマにした柳幸典やなぎゆきのりさんの作品が展示されています。核実験に着想を制作せいさくされたというゴジラをモチーフに、ゴジラが瓦礫がれきの山の中から眼光がんこうを放つ展示や、世界で行われた核実験の記録きろくが書かれたボードなど、社会の状況に疑問ぎもんを投げかけるような作品に衝撃しょうげきを受けました。

 現代アートの作家たちが、社会の問題と真剣に向き合っているのが、展示を通じてつたわりました。私たちも、様々な問題から目をそらさないでいたいと感じました。

【取材後記】社会問題わかりやすく■伝える大切さ

◆高2・ 中川真由紀 なかがわまゆき 記者

 難民、核、環境かんきょう問題……ニュースで聞いたり、学校で教わったりしたことのある問題も、実際に作品を通じて五感に訴えかけられることで、もう一度深く考えるきっかけとなりました。今、自分にできることは何か探してみたくなりました。

◆高1・ 井上 いのうえ みつき記者

 現代アートというと、何を訴えているのか理解するのがとても難しそうなイメージを持っていました。しかし、実際に見てみると、今の社会が抱える問題をアートという形で、受け取りやすく表現ひょうげんされていると感じました。

◆中2・ 安田花 やすだはな 記者

 今回の作品展で、これまで自分には関係かんけいないと思っていた様々な問題を、身近なものとして感じることができました。大切なのは、どんな形であっても自分の感じることを形にして人々に伝えるということなのではないかと思いました。

◆中1・ 時田莉瑚 ときたりこ 記者

 ヨコハマトリエンナーレの見どころは、体験が出来るところだと思いました。マッサージチェアに座って公共彫刻をマッサージしている動画を見たり、仮想現実かそうげんじつ(VR)を体験したりすることもできます。ぜひたくさんの人に見に行ってほしいです。

(ジュニアプレス取材班)