10代のビジョンで日本を変える「中高生未来創造コンテスト」

Mission 社会から“孤立する人”をなくそう!

 読売新聞が発行する10代向けの週刊紙「読売中高生新聞」ではこの度、日本政策金融公庫と共催で、日本社会が抱える諸問題に対する解決策を募るアイデアコンテスト「中高生未来創造コンテスト」を開催することになりました。未来の日本を担う中高生に、日本をよりよくするアイデアを自らの手で考えてもらうことで、明るい日本を築く原動力となってもらうことが目的です。


テーマは「 社会から“孤立する人”をなくそう!


 今、日本では少子高齢化や地域社会の崩壊などにより、社会から孤立する人が増えていると言われています。

 都市、地方を問わず高齢者のみの世帯が増え、「老老介護」の問題が起きています。地域のつながりが希薄になり、親による「児童虐待」が見過ごされる例も後を絶ちません。様々な理由で社会に出ることができなくなった「ひきこもり」に苦しむ人もいるでしょう。そして、こうした問題は人口減がますます進む未来の日本社会ではより深刻になる恐れがあります。


 今回のコンテストでは、こうした社会から「孤立」し、苦しむ人たちを救うためのアイデアを募集します。

こんな取り組みをすれば。

こんな政策を進めれば。

こんな新技術を開発すれば。

こんなサービスやアプリがあれば。


 10代ならではの自由な発想で社会を見つめ、人と人、人と地域、人と日本をつなげるためのアイデアを送ってください。


「中高生未来創造コンテスト」開催概要

■テーマ: 社会から“孤立する人”をなくそう!

 「老老介護」「児童虐待」「ひきこもり」など、人と社会のつながりが希薄になったことで深刻化している問題の中から、自分にとって身近だと考えるテーマを選び、その問題を解決するためのアイデアを提案してください。

■応募資格: 中学生/高校生

 全国の中学校・高校の生徒からなるグループまたは個人

■審査項目

 ◇課題解決のアイデアを考えるにいたった背景・問題意識

 ◇課題解決のためのアイデアの具体的内容

■応募書式

 ◇A4サイズの応募用紙(3枚)=現状分析と、課題解決のための具体的なアイデアをフォームに従って記入

 ◇添付する参考資料=A4サイズ5枚以内。参考資料の添付は必須ではありません。

 ◇一つのグループ・個人につき作品1点

■募集期間: 2017年9月1日(金)~10月31日(火)(必着)

■発表: 2018年3月

 読売中高生新聞の紙面とHPで公表

■入賞

 ・最優秀賞(1点):図書カード5万円分

 ・優秀賞(1点):図書カード3万円分

 ・審査員特別賞(3点):図書カード1万円分

  最優秀賞を受賞したグループ・個人は読売新聞東京本社で行われる表彰式にご招待します。

■応募方法:メールまたは郵送

 読売新聞のニュースサイト「ヨミウリ・オンライン」の「中高生未来創造コンテスト」のコーナーから、所定の応募用紙を入手し、下記の方法で事務局に送ってください。

 応募用紙はメールでもお送りします。ご希望の方は、コンテスト事務局(chukousei@yomiuri.com)までご連絡ください。


 ◇メールで送信する場合

応募用紙3枚に必要事項を記入し、参考資料(必要であれば、5枚以内)を添付した上、chukousei@yomiuri.comまでお送りください。

 ◇郵送の場合

 応募用紙3枚と参考資料(5枚以内)を下記までお送りください。

 〒103-8601

 日本橋郵便局留

 読売中高生新聞「中高生未来創造コンテスト係」

■主催:読売中高生新聞、日本政策金融公庫

■お知らせ

 読売中高生新聞では、本コンテスト開催にあたり、8月18日号以降、計3回にわたって、社会から孤立した人たちの実情を伝える連載を掲載します。読売新聞社会面で展開中の大型連載「孤絶 家族内事件」に加筆、修正したものです。アイデアを考える参考にしてみてください。

■問い合わせ先

 本コンテストの応募方法などに関するお問い合わせは、読売中高生新聞「中高生未来創造コンテスト事務局」chukousei@yomiuri.comまでお願いいたします。

■注意事項

◇あらかじめ保護者の同意を得た上でご応募ください。作品をご応募いただいた時点で、保護者の同意があったものとみなします。

◇作品は作成者自身のオリジナルのものに限ります。

◇作品が以下のいずれかにあたる場合には、審査対象外とさせていただくほか、入賞結果発表後であっても受賞を取り消す場合があります。

 1.他人の名誉・信用を毀損する表現、誹謗中傷する表現、差別的な表現、嫌悪感を抱く可能性のある表現、そのほか公序良俗に反する表現、またはそれらに類する表現を含むもの。

 2.すでに実在しているアイデア、またはきわめて類似しているもの、または知的財産権等他人の権利を侵害し、または侵害する恐れがあるもの。

 3.本コンテストの運営を妨げ、または主催者の信用を毀損するもの、迷惑行為となるもの、その他法令違反となるもの。

 4.その他、主催者が不適切と判断したもの。

◇入賞作品は、作成者の氏名、所属学校名とともに、読売中高生新聞および読売新聞の紙面や電子メディア(ヨミウリ・オンライン、データベース)、出版物、広告宣伝物、日本政策金融公庫のホームページや出版物、広告宣伝物に使用する場合があります。

◇応募作品は返却しません。

◇審査結果は、事務局から入賞者(または窓口となっている学校)にご連絡いたします。

◇審査内容に関する個別のお問い合わせには応じかねます。

◇作品の取り扱いには十分注意しますが、郵送中の事故の責任は負いかねますので、ご了承ください。

◇ご応募いただいた個人情報は、関係法令に従って適切に管理し、本コンテストの審査、入賞のご連絡および表彰式のご案内など本コンテストを運営するために必要な範囲で利用させていただきます。