トピックス

「オトナのスポーツテスト」開催

 体力年齢を知って、生活習慣を見直すきっかけにしてもらいたい――。そのような狙いから、読売新聞社は大人が体力測定に挑むイベント「オトナのスポーツテスト」を主催している。

  • ウォームアップ体操で体をほぐす参加者ら
    ウォームアップ体操で体をほぐす参加者ら

 4回目となった今年は、11月12日に日本女子体育大学(東京都世田谷区)で行われた。快晴の下、約900人が参加して、反復横とびや50メートル走など7種目の測定を通じて、いい汗を流した。測定には、モデルの朝比奈彩さん、元新体操日本代表の畠山愛理さん、2015年度のミス日本で元シンクロナイズドスイミング日本代表の芳賀千里さんがゲストで登場し、参加者と一緒にチャレンジし、会場を盛り上げた。

 体力測定の種目は計7種目。文部科学省の「新体力テスト実施要項」に基づき、20歳から64歳までを対象に定められた握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、急歩、立ち幅とびの6種目に、50メートル走を加えた7種目だ。 各種目の結果は、年齢層別に得点に換算され、50メートル走を除いた6種目の合計点で、自らの体力年齢を測ることができる。参加者のほとんどは最後の種目に急歩を選び、男性は1500メートル、女性は1000メートルの早歩きを終えると、芝生のグラウンドに寝そべって、充実した表情を浮かべていた。

  • ピラティスを参加者らに指導する元カーリング女子日本代表の市川美余さん
    ピラティスを参加者らに指導する元カーリング女子日本代表の市川美余さん

 体力測定だけにとどまらないのが、このイベントの魅力だ。会場では、朝比奈さん、畠山さん、芳賀さんによるトークショーが行われ、健康美を保つ3人が、その秘訣について語り合った。元カーリング女子日本代表の市川美余さんによる「ピラティス体験会」も盛況だった。

  • 子どもたちも体験できるアトラクションで人気が高かったストラックアウト
    子どもたちも体験できるアトラクションで人気が高かったストラックアウト
  • ジャンボダーツを楽しむ子どもたち
    ジャンボダーツを楽しむ子どもたち

 会場には、テストに参加できない子どもたちも体を動かせるようにと、投球のコントロールを試す「ストラックアウト」や、大きな的にボールを当てる「ジャンボダーツ」なども用意された。家族連れで来場した参加者も多く、テスト中の父母を待つ子どもたちは、スマートフォンで両親の奮闘ぶりを撮影したり、ストラックアウトやダーツにチャレンジしたりしながら楽しんだ。

  • 体力測定を前にステージで意気込みを語るゲストの朝比奈彩さん(左)、畠山愛理さん(左から2人目)、芳賀千里さん(右から2人目)
    体力測定を前にステージで意気込みを語るゲストの朝比奈彩さん(左)、畠山愛理さん(左から2人目)、芳賀千里さん(右から2人目)
  • ウォームアップ体操で軽快な動きを見せる畠山愛理さん
    ウォームアップ体操で軽快な動きを見せる畠山愛理さん
  • 50メートルを全力で走る朝比奈彩さん(右)
    50メートルを全力で走る朝比奈彩さん(右)
  • 握力測定をする芳賀千里さん
    握力測定をする芳賀千里さん
  • 新体操で培った柔軟性をいかんなく発揮する畠山愛理さん
    新体操で培った柔軟性をいかんなく発揮する畠山愛理さん
  • 反復横とびをする畠山愛理さん(手前)と朝比奈彩さん(奥)
    反復横とびをする畠山愛理さん(手前)と朝比奈彩さん(奥)
  • 急歩をゴールし、全種目を終えて笑顔の朝比奈彩さん
    急歩をゴールし、全種目を終えて笑顔の朝比奈彩さん