入国制限、新大統領令で復活へ…再び混乱か

 【ワシントン=黒見周平】トランプ米大統領は16日の記者会見で、「国の安全を徹底的に守るため、新たな大統領令を来週出す」と述べた。

 イスラム圏7か国からの入国などを制限した大統領令の効力が裁判所の判断で一時差し止められていることを踏まえ、内容を修正した新たな大統領令で効力復活を目指す方針だ。各地で再び混乱が起きる恐れがある。

 トランプ氏は裁判所の一時差し止めについて、「ひどい法廷で、国の安全にとって悪い決定だった」と改めて批判した。

 トランプ氏は、労働長官候補だったアンドルー・パズダー氏が米議会上院で承認の見通しが立たず、指名を辞退したことを受け、フロリダ国際大学法科大学院長のアレクサンダー・アコスタ氏(48)を新たに指名した。

(ここまで318文字 / 残り208文字)
2017年02月17日 18時05分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ