中国に北朝鮮の行動抑止を求める…米国務長官

  • 17日、ドイツ・ボンで行われた米中外相会談の席に向かう米国のティラーソン国務長官(左)と中国の王毅外相=AP
    17日、ドイツ・ボンで行われた米中外相会談の席に向かう米国のティラーソン国務長官(左)と中国の王毅外相=AP

 【ボン=大木聖馬、北京=蒔田一彦】主要20か国・地域(G20)外相会合出席のためドイツのボンを訪問中のティラーソン米国務長官は17日、中国の王毅ワンイー外相と会談した。

 トランプ政権発足後、米中の外相が会談するのは初めて。

 米国務省によると、ティラーソン氏は北朝鮮が強行する核・ミサイル開発を巡り、中国にあらゆる手段を用いて北朝鮮の行動を抑止するよう求めた。両氏は、貿易や投資で公平な競争が行われる環境を作る必要性についても議論した。

 トランプ米大統領は、中国の習近平シージンピン国家主席と今月行った電話会談で、台湾を中国の一部とみなす「一つの中国」政策を維持すると表明した。中国外務省によると、この日の会談でティラーソン氏は、同政策の維持が「両国関係にとって重要なだけでなく、地域の安定と発展にとっても有益だ」と述べた。

(ここまで366文字 / 残り74文字)
2017年02月17日 23時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ