パリ銃撃、警官3人が死傷…「イスラム国」声明

  • 20日、警察官が殺害されるテロ事件が発生し、パリのシャンゼリゼ通りを警戒する警察官ら(ロイター)
    20日、警察官が殺害されるテロ事件が発生し、パリのシャンゼリゼ通りを警戒する警察官ら(ロイター)

 【パリ=三好益史】パリ中心部にあるシャンゼリゼ通りで20日午後9時(日本時間21日午前4時)頃、男が警察官に向けて自動小銃を発射し、警察官1人を殺害し2人にけがを負わせた。

 男は現場近くで警察官に射殺された。イスラム過激派組織「イスラム国」系の「アマク通信」は同日夜、「イスラム国」の犯行声明を伝えた。オランド大統領は「銃撃がテロ事件であると確信している」と述べ、テロ専門チームが捜査に着手した。

 フランスでは23日、大統領選の第1回投票が行われる。パリで2015年11月に起きた同時テロの後に発令された非常事態宣言が継続中で、観光名所でのテロ発生は社会に衝撃を与えた。

  • パリ・シャンゼリゼ通りで警察官を狙った銃撃
    パリ・シャンゼリゼ通りで警察官を狙った銃撃
(ここまで286文字 / 残り547文字)
読売プレミアムに登録された方記事の続きへ
未登録の方新規登録へ