対北、軍事的選択肢を協議…米大統領と国防長官

 【ワシントン=海谷道隆】トランプ米大統領は10日、北朝鮮に対して米軍がとりうる軍事的選択肢について、マティス国防長官やダンフォード統合参謀本部議長らと協議した。

 米ホワイトハウスが同日発表した。

 軍事的措置を排除しない姿勢を改めて示すことで、新たな挑発行動をけん制する狙いとみられる。

 ホワイトハウスの声明によると、トランプ氏は「あらゆる形の攻撃に対応する選択肢」について説明を受け、対応を検討した。「核兵器による米国や同盟国への脅し」をやめさせる方策も協議したという。