露大統領選、プーチン氏が出馬へ…ライバル不在

 【モスクワ=畑武尊】ロシアのプーチン大統領(65)は6日、西部ニジニーノブゴロドの自動車工場であいさつし、「ロシアの大統領の職に立候補する」と述べて来年3月18日に予定される大統領選に出馬する意向を明らかにした。

 有力な対立候補はおらず、圧勝は確実とみられている。

 露大統領の任期は6年。当選すれば通算4期目となり、2024年まで務めることになる。プーチン氏は00年の大統領選で初当選。2期務めた後も、08年に首相として実質的に権力を握り、12年に大統領に返り咲いた。支持率は8割を超え、下院で4分の3の議席を持つ政権与党「統一ロシア」が支持する。

(ここまで275文字 / 残り261文字)
2017年12月7日00:40 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。