プーチン氏、大統領選に立候補表明…来年3月

  • 6日、ロシア西部ニジニーノブゴロドの自動車工場で、演説するプーチン露大統領(ロイター)
    6日、ロシア西部ニジニーノブゴロドの自動車工場で、演説するプーチン露大統領(ロイター)

 【モスクワ=花田吉雄、畑武尊】ロシアのプーチン大統領(65)は6日、来年3月18日に予定される大統領選への立候補を表明した。

 プーチン氏は「強国ロシア」を掲げ、国民の愛国心を鼓舞して政権の求心力としてきた。大統領選は、2000年から約18年続くプーチン体制をさらに継続する事実上の信任投票となる。

 プーチン氏は西部ニジニーノブゴロドの自動車企業の創立85周年式典で出馬表明した。従業員らを前に「ロシアは前進するのみ。誰も止められない」とあいさつした後、司会者から「この会場の全員があなたを支持している」と出馬を促された。会場からの待望の声を受け、プーチン氏は「立候補表明するのにここほど適した場所はない。私は大統領選に立候補する」と笑顔で宣言した。

(ここまで325文字 / 残り682文字)
2017年12月7日22:22 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。