万年筆で脅し、客室乗務員羽交い締めに…中国機

 【北京=竹内誠一郎】中国民用航空局によると、15日午前、湖南省長沙発北京行き中国国際航空便の機上で、乗客の男が客室乗務員を万年筆で脅して羽交い締めにしたため、同機は河南省鄭州の空港に緊急着陸した。

 同局は同日午後に「事件の処置に成功した」としており、男は当局に拘束された模様だ。乗客・乗員にけがはなかった。中国メディアによると、男は湖南省出身の41歳という。

 中国では、国際、国内便とも、乗客に厳しい安全検査が実施されている。旅客機で、このような事件が起きるのは珍しい。

2018年4月15日23:47 Copyright © The Yomiuri Shimbun