標的は「がん治療薬の研究施設」…シリア側主張

 【カイロ=木村達矢】シリア国営通信は14日、米英仏による軍事攻撃の標的の一つになった首都ダマスカス近郊バルゼの施設について、がん治療薬の研究などを行う施設だと報じた。

 アサド政権側には、化学兵器と関係のない施設が標的になったと国際社会に訴える狙いがあるとみられる。

 米軍は攻撃対象とした3か所のうち、バルゼの施設を化学兵器の研究開発施設だと断定している。しかし、同通信は、この施設が「医薬・化学工業研究所」との名称で、がん治療薬のための物質を製造し、各種の化学分析を行っているとする職員の証言を伝えた。

(ここまで252文字 / 残り239文字)
2018年4月15日22:05 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。