「トランプ氏は絶えずウソつく」…資質を疑問視

  • コミー前FBI長官(AP)
    コミー前FBI長官(AP)

 【ワシントン=黒見周平】コミー前米連邦捜査局(FBI)長官は15日に放送された米ABCニュースの番組で、トランプ米大統領について「大統領としては道徳的に不適格だ」とこき下ろした。

 FBI長官経験者が自らの仕えた現職大統領の資質を公然と疑問視するのは極めて異例だ。

 コミー氏は「大小のことで絶えずウソをつき、それを米国民に信じるよう求めている」とトランプ氏を批判した。

 コミー氏はロシア疑惑の捜査などを巡ってトランプ氏と対立し、昨年5月に解任された。トランプ氏は放送に先立ち、「不正直コミーはいつもいかれている。歴史上、最悪のFBI長官に成り下がるだろう」とツイッターで非難した。

(ここまで290文字 / 残り96文字)
2018年4月16日19:34 Copyright © The Yomiuri Shimbun

読売プレミアム

この記事は会員限定です。

購読者向け有料会員制サービス。1週間分の紙面イメージや過去1年分の記事検索も利用できます。