警察署襲撃、警官1人死亡…インドネシアでテロ

 【ジャカルタ=一言剛之】インドネシア西部のスマトラ島リアウ州で16日、刃物を持った複数の男が警察署を襲撃し、警察官1人が車にはねられ死亡した。

 警察は男4人を射殺、1人の身柄を拘束した。インドネシアでは今月13日以降、警察やキリスト教の教会を狙ったテロが相次いでいる。

 警察当局によると、男たちは警察署の入り口に車で突っ込み、日本刀のような刃物を手に、警察官に襲いかかった。警察官1人が死亡し、別の事件の取材で署内にいた地元テレビ局の記者や警察官の計3人が負傷した。

 一方、ジャワ島東部のスラバヤでは15日夕、爆弾を隠し持っていた男の自宅を警察が捜索し、発砲して抵抗した男を射殺した。男は、13日夜にスラバヤ近郊で爆弾の誤操作とみられる爆発を起こし、死亡したイスラム過激派の弟だった。

2018年5月16日18:56 Copyright © The Yomiuri Shimbun