同性愛行為で服役、マレーシア元副首相が釈放

  • 16日、クアラルンプールで、妻(右)らと記者会見に臨んだアンワル氏(左)=ロイター
    16日、クアラルンプールで、妻(右)らと記者会見に臨んだアンワル氏(左)=ロイター

 【バンコク=大重真弓】マレーシアのアンワル元副首相(70)が16日、国王の恩赦により釈放された。

 同性愛行為の罪で2015年に禁錮5年の判決を受け服役していた。マハティール首相(92)はアンワル氏を後継首相とする方針を表明している。

 マハティール氏は今月9日の総選挙(下院、222議席)で、過去に対立していたアンワル氏と手を組み、野党連合を率いて勝利し、政権交代を果たした。

 アンワル氏は釈放後、クアラルンプールの自宅で記者会見し、「マハティール首相には国家運営を全面的に支えると約束した」と述べた。アンワル氏が首相に就任するには、補選で当選し、下院議員になる必要がある。

2018年5月17日11:08 Copyright © The Yomiuri Shimbun